雨漏り修理 blog

愛知県・岐阜県の雨漏り専門家です

台風・強風

こんにちは、山口です。

一年で一番台風が日本に上陸する時期に入ってきました。

屋根瓦が飛んだ、めくれたなんて事や、

雨樋が外れてぶら下がっているなど、

強風による台風被害が最も一年で多い時期になります。

やはり、この様な被害を起こさないためには、

ご自身で建物の状況を把握しておくと良いと思います。

屋根瓦に浮きやズレがないか?

トタン屋根の釘が浮いたりしていないか?

雨樋は金具がしっかり留まっているか?

など、色々と事前に確認していただけると良いと思います。

ポリカ波板が施工してあるアルミ製の規格品の庇や、洗濯干し場、車庫などは

プラスチックのフックで留めつけてあるので、

経年劣化により強度が低下していて、

強風で全て飛んでしまったなんて事例もよく聞きます。

これからは一年で一番注意が必要な時期になりますので、

ご注意をお願い致します。

ご自身では危険も伴います。

僕にご連絡いただけたらしっかりと調査いたしますので、

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

ご相談はこちらをクリック↓

愛知・岐阜県雨漏り調査専門店はこちら

 

棟やケラバ板金が飛んだ

こんにちは、山口です。

先月の台風で、屋根の棟が飛んでしまったという事例での

新規のお問い合わせが数件ありました。

台風が来ると必ずと言って良いぐらいに、棟やケラバが飛びそうだとか、

幕板が落ちそうなんてご相談が増えます。

なぜ棟やケラバなどの板金が飛んだり、

幕板が落ちそうになってしまうのかと言いますと、

これらは木下地に釘で止めつけしてある場合が多いからです。

経年劣化により、木下地が腐ってきて、

釘が抜けていたりして、強風時に飛んでしまいます。

この棟や、ケラバを飛ばない様に修理改修するには、

腐らない樹脂製の下地(人工木)を下地に使用して、

なおかつ棟やケラバを留め付けするのも釘ではなくビス(ネジ)で

留め付ける事により、強風時にも飛ばなくなり、かつ寿命も長くなります。

棟やケラバが強風で壊れて呼びそうなんて場合は、

この様な方法で修理すると良いと思います。

板金が既製品で納まらない場合はもちろん、

プロである僕におまかせください。

特殊加工にて各現場に合わせ、加工して取り付けます。

 

お困りでしたらエクステリアワーク・SKY山口までどうぞ。

ご相談はこちらをクリック↓

愛知・岐阜県雨漏り調査専門店はこちら

サンルームからの雨漏り

こんにちは、山口です。

最近多いサンルームからの雨漏りについてお話しします。

日中、お仕事をして見える女性の方は、

やはり洗濯を干すのに最高なのがこのサンルームですね。

高値の商品ですと、100万円以上もする物もあります。

一般的にはかなりの贅沢なお買い物になるんじゃないかなと思います。

やっとの思いで、既設の建物に増設する様な形で取付け、

建てることが多いと思いますが、その取付けした取合部から、

強風時に屋根との取合部や、屋根のサン(骨組み)、

外壁部のパネルやガラスの取り合いなど様々な原因での雨漏りでした。

気の毒なお客様はサンルームを建ててから、

わずか二ヶ月もしないうちに雨が屋根から漏ってきて、

お願いした工事店さんと製造したメーカーさんが3回も4回も修理に来ても、

雨漏りは止まらず

「問題ありません!」

との答えが返ってくる次第でした。

「問題ないのならばなぜ雨漏りするの?」

ですよね。

この様な雨漏りも私にお任せいただければ100%止めてみせます。

雨漏りでお困りの方はエクステリアワーク・SKY、山口までどうぞ。

 

ご相談はこちらをクリック↓

愛知・岐阜県雨漏り調査専門店はこちら

 

クリアコート

こんにちは、山口です。

今回は外壁材のサイディングボードについてお話しします。

近年の戸建て新築工事外壁の50%以上はこのサイディングボードが貼ってあります。

タイル調、レンガ調や石積み調、木目調など様々な柄があります。

タイルに見えるけど本物のタイルじゃない、

木目に見えるけど本物の木じゃない。

なんて言う場合の外壁材は、

この窯業系のサイディングボードが施工してあると思います。

稀に金属系の場合もあります。

近年のサイディングボードの柄は本物により近づいてきていますので、

一般の方では見てもわからないぐらいだと思います。

建築時の図面の外装の仕上げ表にて確認して頂くのがいいかと思います。

サイディングボードは何種類もの色を使用して生産されている為、

一度色が褪せてしまうと復元するのは困難です。

現場塗装では単色塗りになってしまうからです。

築10年を目処にしてトップにクリア保護塗装をすることをお勧めします。

これで新築時の風合いをかなり復元できます。

同時に外壁のシーリングの打ち替え、

または打ち増しを施工されることもお勧めします。

築15〜20年経ってしまうと新築時のように戻る確率はかなり下がりますので、

10年ぐらいでの塗装をお勧めします!

 

何かございましたら、HPでのお問い合わせでご相談ください!

ご相談はこちらをクリック↓

愛知・岐阜県雨漏り調査専門店はこちら

コンクリートになぜ?

こんにちは、山口です。

今回は、陸屋根やルーフバルコニーなどの、

コンクリートモルタル下地の防水工事についてお話しします。

たまに見かけますが、コンクリートモルタルの上になぜだか、

FRP防水が施工してある場合があります。

「なぜFRP防水が施工してあるの?」

という建物がありました。

新規の雨漏りのご相談で、

4階建ての建物で、大屋根・ベランダからの雨漏りである事は調査してわかりました。

なぜだかわからないのですがFRP防水が施工してあったため、

立上り部分は全て、コンクリート下地から剥離してしまっていて、

風が吹くとそこから雨水が入ってしまうのが原因の雨漏りでした。

でもこのお客様は建設関係のお仕事をしてみえ、防水の改修をしてもらったのは、

大手ゼネコンの下請け会で一緒になる防水工事店との事でした。

ゼネコンさんの下請けをされている工事店さんに施工してもらったのに、

コンクリートFRP防水施工・・・びっくりしました。

防水工事の種類は色々あり、下地によって合う、合わないがありますので、

しっかりとした工事をするためには、

正しい提案ができる施工店さんを選びたいですね。

 

雨漏りのご相談はこちらをクリック↓

愛知・岐阜県雨漏り調査専門店はこちら

アスベスト

こんにちは、山口です。

今回はアスベストについてお話しします。

アスベスト、または石綿とも言います。

2004年にアスベスト問題が発覚するまでに生産したカラーベスト

【カラー(色)+ベスト(アスベスト)】は、

アスベストとセメントを混ぜ合わせたものでした。

その他、工場などの屋根や外壁に使用されている波板スレートや、

現在では既に廃盤にはなりましたがセキスイの瓦U、

旧ナショナルのニューウェーブにもアスベストが入っていました。

カラーベストは住宅にも数多く使用されています。

屋根の改修作業時には石綿作業の資格や管理者の資格が必要となりますので、

有資格者がいる工事店に施工をお願いしてください。

アスベスト石綿)は発ガン性物質のため、

撤去、解体するにもしっかりとした法律があります。

屋根をめくり、産廃処理をすると高額になってしまいますので、

既設の屋根にカバー工法にての屋根の改修をオススメします。

「既存の屋根の上にもう一度屋根を作る。」

とお考えいただけたらいいと思います。

工場の波板スレートも同じく板金にて、

カバー工法での改修をオススメします。

瓦U、ニューウェーブはカバー工法が施工できないため、

めくっての改修になります。

しっかりと資格、許可を取得している工事店を選びたいですね。

 

雨漏りのご相談はこちらをクリック↓

愛知・岐阜県雨漏り調査専門店はこちら

ルーフィング

こんにちは、山口です。

今回はルーフィングについて紹介したいと思います。

「ルーフィングって何?」

あまり聞かない言葉だと思います。

ルーフィングとは、屋根の野地板、

合板下地の上に張る防水シートのことです。

一般的な物や種類について、いくつか紹介したいと思います。

まず、代表的な物といえば、アスファルトルーフィング。

シートに防水性の高いアスファルトを織り交ぜているもの。

次にゴムアスルーフィング、改質アスファルトルーフィングともいいます。

表面にゴムを混ぜることで、止水性、耐久性をアップさせます。

続いて接着ルーフィングです。

屋根(野地板)に貼り付けるタイプのルーフィングです。

接着剤付きで、主に勾配の緩い屋根(野地板)に使用します。

最後に最高級品の遮熱ルーフィングです。

水は通さないが、風は通す。

太陽熱も跳ね返す効果があります。

基本的にこの4種類になります。

高い商品を各メーカー色々と発売していますが、

高級品はやはり性能が良いですね。

ルーフィングは下葺き材ですから、

10年たって張り替えするなんてことはできません。

屋根材が30年保証なんて商品を選ばれて、

葺き替えを考えるのであれば、

やはり下葺材(ルーフィング)も高い方(高性能)のものを選びたいですね。

 

雨漏りのご相談はこちらをクリック↓

愛知・岐阜県雨漏り調査専門店はこちら